« 5月29日 | トップページ | ひとりごと »

2005.05.31

重大事故

恐れ多くも片山右京様のブログにトラックバックしております。

さて、ヨーロッパGPですが、レースの内容云々よりも、ファイナルラップで起こったライコネンのクラッシュの恐ろしいこと恐ろしいこと。F1で走行中にサスペンションが折れるなんて事故、いままで私は見たことありません。走行中に突然コントロール不能に陥るわけですから、ドライバーは止まるのを待つだけですよね。右京さんも書かれていますがスパのオー・ルージュだったら・・・あとウォールが近いコースだったらと考えると本当に恐ろしい事故です。

複合クラッシュやドライバー自身に怪我等も無かったのが、ほんと救いだと思いました。

大きな事故をみると思い出します・・・・
94年のセナの事故はいまでも、脳裏に焼き付いて離れません。
あのような事故は二度と見たくありません。

鈴鹿に行ってセナ様の走りを見たかった・・・

タイヤについて思うことですが、1レース1セットというレギュレーションの中で当然速く走れるタイヤを作っているんだと思いますが、耐久性のマージンあまりにも無さ過ぎじゃないんですか?

|

« 5月29日 | トップページ | ひとりごと »

コメント

日曜日は4時起きだったのにもかかわらず無謀にもTVで観戦しようとした結果、寝落ち(?)してしまって問題のシーンを見てないのですが、今期のレギュレーションが決まった時点で予想された事故がついに起こってしまったかと思うと残念です…
フラットスポットを作るのを嫌ってオーバーテイクをしかける機会が少なくなりーの、今回の様な事故が起こりーので正直何のためのレギュレーション改定だったのでしょうかと思わずにいられません。

投稿: あるべる | 2005.06.01 01:59

なんでタイヤなんでしょうね、大勢のメカニックによるタイヤ交換はF1の見せ所だったはずなんですが。グランドスタンドから見るピット作業は感激しますよ。乾いたエアジャッキの音といい、ホイールスピンしながら走り出すニュータイヤの音。
人数規制のあるカテゴリのピット作業とは迫力が違います。

そのうち、リアウィング禁止、フロントウィング禁止とか言い出すかも知れませんね。ウィングなくしたら、速度ものすごく押さえられますしねぇ。葉巻マシン復活?!

そんなことになりませんように・・・。

投稿: げるはると | 2005.06.02 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43714/4357505

この記事へのトラックバック一覧です: 重大事故:

« 5月29日 | トップページ | ひとりごと »