« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.24

Windows7 アップグレード

(この記事は発売日時点の内容です)
VAIO type Z VGN-Z90SをWindows7へアップグレードしてみた。

概要)
Vista Home PremiumからWindows7 Professional
Windows7 Professional アップグレード版 期間限定版を購入。
64bit版を使用する予定。
--------------------------------------------------------------
Home PremiumからProfessionalへの異なるエディションへのアップグレードになるので、制限事項としては、アップグレード(上書きインストールが不可)となり新規インストールのみ。

まずは、Windows Vista上からインストーラーを起動して32bit版のインストール。
これはなにも問題なく終了。ドライバー等をVista環境から引き継げないので、いろいろとデバイスが動いてないっぽい。まず、ディスプレイアダプタ、SDカード,メモステリーダーが×。
9300MのドライバをnVidiaからダウンロードしてきても、ハードウェアがないとか言われてインストールできず。

クリーンインストールでないとやっぱり気持ち悪いので、Vistaに戻して(´Д`;)ヾ、DVDから起動しての32bit版のインストール。

しかし、ハードディスクにある二つのパーティションのどちらにもインストールできませんというメッセージが表示されて先に進めなくなりました。

 "ディスク0 パーティション 1にWindowsをインストールすることはできません。"
 "ディスク0 パーティション 2にWindowsをインストールすることはできません。"

こんなメッセージです。パーティション1はリカバリー領域、2はCドライブ(システム)
さらに詳細を開くと

"このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティション テーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。"

とメッセージが。

要するに今あるパーティションを全部消してしまって、新規で領域を確保すれば
インストールできるのかなと思い、リカバリー領域は消したくなかったのですが、削除すれば問題なくインストールできました。
クリーンインストーラーはVistaのファイルも残っていないのですっきりです。リカバリー領域も消したので少し要領が増えていい感じです。まぁ、ドライバーがなく前述のとおりな状況ですが、。、

最後に64bit版のインストールをトライしてみました。
Windows7からは64bit版を使うつもり。

これが何回インストールを試みても途中でブルーバックがでて止まるのです。
インストールの途中再開もできず、常に最初からインストールやり直しになるのですが、無理でした。
32bit版を使うつもりはありませんので、現時点では公式の情報がでるまで認証はしないことにしました。10月下旬に出るみたいなので、それまで楽しみに待っておきます。
情報を持ってるかたはコメント欄に残していただければ、、ありがたいです。

動作自体はWindows7はサクサクして良い感じですが、基本ソフトを入れ替えてもなにかできることが増えるわけでもなく、昔のように物珍しくいろいろ触る気もあまり起きていません。今まで通り、Firefox、iTunes、Office入れて普通に使いますw
Macが欲しいな~w

最後に、XPモードはやっぱりエラーがでて動きませんでした。
VAIOはintel VTが使用不可にされているというのは本当だったんですね。
こちらもはやく対応して欲しいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »